どっちがやりたいですか?

ご覧のように、このページには2種類の売上グラフを付けました。
なぜ、このようなことをしたのでしょうか?

これには2つの理由があります。

jkhfkjdhfkjdshfdshfkdsfskdjfhjk
jhfkdsfkhfksdhfdskjhf

左右

左右

  • 1)これからとても重要な事を話すので、あなたにきちんとこのページを読んでもらえるようあなたの注意をひくため。
  • 2)これから話すことは、左のグラフのような不安定なビジネスを、右のグラフのように安定して成長するビジネスに変える話なので、このようなグラフを「つかみ」にすることは、とてもいいアイディアだと思ったため。

僕の名前は小川忠洋。あなたと僕とはまだ会ったことはありません。でも我々社長がみんな持っている共通の不安がありますよね。もしかしたら会社が潰れてしまうんじゃないか?将来は大丈夫だろうか?来年はどうなってるだろうか?

その気持はとてもよくわかります。実際僕もそうでしたから・・・。でも(これは自慢話じゃないので聞いて欲しいのですが)、3年前にちょっとしたシンプルな仕組みを発見したおかげで、その不安はほとんど消えてなくなりました。つまり、左のグラフのような不安定なビジネスを、右のグラフのような安定して成長するビジネスへ変える方法です。

左のグラフのビジネスは、キャンペーンやプロモーションが成功するかどうかや、どれだけ紹介や口コミがあるかどうかなどで、売上が大きく左右されます。つまり、売上が大きく上がる月もあればほとんど上がらない月もある、先が予測できない、不安定な経営状態です。

このようなビジネスをしている会社は、売上のほとんど全てが社長に依存しています。そのため自分が倒れたら会社の売上はほとんどなくなってしまいます。そのような社長は常に「明日の売上はどうやって立てようか?」という悩みを抱え、プレッシャーにさらされながら日々を過ごしています。